三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京ufj銀行カードローンはお試しから!お試し診断で分かる事

カードローンに落ちるのが不安な場合に

クレジットカードもそうなのですが、こうした金融関係のカードってあまりにも審査落ちが多いと、問題があるとしてなかなか他の借り入れなどで借りにくくなりますよね。仕事が不安定、給与が少ないなどの要因があると途端にこのような状態になってしまう事も考えられます。

私も仕事が不定期で尚且つ収入も振れ幅が多いせいで、ローン全般の審査においては不利な立場と言わざるを得ません。仕事が仕事だけに収入証明もしないといけない事も多く、お金を借りるまでが人より大変でした。

カードローンを申し込む場合でも同じで、あまりにも落ちすぎているとどんどん不利になってしまい、申し込み先というのは厳選しないとなりません。それでも落ちればまた別の借り入れ先に頼るしかないのですが、審査に通るかどうかが分からない以上、申し込まないと何も進みません。※参照ブラックの人でも安心のすぐに融資してくれる一覧

申し込んで落ちれば不利になるのですから、せめて申し込み前に落ちるかどうか大体の目安が欲しいですよね。でもカードローンは大体のカードにおいて申し込むまでは結果ははっきりと分からない…私は不安でなかなか一歩を踏み出せませんでした。

お試し診断でカードローン申し込みの目安を作ろう!

どこかお試しで審査をしてくれるところは無いかな…と絵空事を考えてカードローンの情報を見ていると、まさか本当にお試しで審査結果が調べられる事が分かったのです。

有名どころの銀行で言えば、三菱東京ufjカードローンのお試し診断ですね。これはきちんとカードローンに申し込む前に診断してもらい、自分の条件から大体の結果を予測して教えてくれるというものです。ここのカードローンに申し込むなら、とりあえず先にやっておきたい診断ですね。

ここ以外のカードローンでもお試し診断サービスを行なっているところはありますし、それに診断を行なっていないところであっても、他社である程度の基準を見ておけば、他で申し込む時にも目安程度としては十分役立つ情報が手に入ります。

私はお試し診断がある目に付いたカードローンの全社にお試し診断を申し込み、審査通過の結果が出たところで、尚且つ一番条件が良かったカードローンに申し込みました。このおかげで一度も落ちる事無くカードローンが作れ、不安を見事克服しました。

カードローンで審査に通るかどうか自信が無い場合、このお試し診断をフル活用する事をオススメします。無料でしてくれるところばかりなので気軽に使えますよ。

借入を上手に使いこなすために知っておきたい、銀行総量規制のお話!

お金を借りる方法として、たいへん便利なのがカードローンではないでしょうか。必要があったときにすぐ現金を調達する方法として、この手軽さに匹敵するサービスは他にあまり見られません。

現在利用されている方も多いと思いますが、これらのサービスを利用する上で、ほとんど避けては通れない話があることをご存じでしょうか。

それは総量規制というものです。これはお金を貸し付けるサービスを行なっている者は、お金を貸し付ける相手の年収の三分の一の額までしかお金を貸し付けてはならないという規制です。かつて借金で身持ちを崩す方が多かったため、このような法規制が作られました。

柔軟に資金を借り入れられるように思えるカードローンも、この規制が適用されます。ゆえに、どれだけ融通の利きやすいサービスといえども、年収の三分の一までの額しか借り入れることができません。当然、カードローンでどれだけの借入ができるかは、利用者自身の年収次第とも言えるのです。

とにかくお金を借りる必要のある方にとっては少し窮屈であるこれらの規制ですが、あわせて覚えておきたい話もあります。そのことについてお話したいと思います。

貸付サービスであれば基本的にこの総量規制の対象となりますが、一部対象とならないサービスもあるのです。それは、銀行が行なっている貸付です。銀行が行なう貸付については、この総量規制の対象とはならないため、年収の三分の一という基準に縛られない借入をすることも不可能ではないのです。

当然カードローンというものについても同様のことが言えます。消費者金融などが提供しているカードローンであれば年収の三分の一までの額しか借入できませんが、銀行が提供しているカードローンであれば、借入可能額に年収の三分の一という上限が機械的に設けられることはありません。

カードローンを上手に使いこなすためには、これらのことをよく覚えておきましょう。年収の三分の一以上の額を借入したいときは、銀行のカードローンを選べばよいわけです。

たとえば、比較的高額のローンでも組めるような年収がある方であれば、ときには年収の三分の一という基準にとらわれない借入を利用したいと思うときもあるでしょう。そのようなときは、銀行のカードローンの利用を優先的に検討しましょう。審査に通れば、消費者金融で利用するときよりも満足のいく使い方ができます。

また、借り換えやおまとめローンなどにおいても、総量規制の対象とならない銀行は有力な選択肢です。

金利がもっと低いローンに借り換えたり、複数のローンをまとめたいときなどには、新たなローンを組んで現在の借金を清算し、借入先を変更する方法が一般的ですが、このときも総量規制がネックになることがあります。

借り換えなどの目的で新たなローンを組もうとしても、すでに今ある借入額によってすでに年収の三分の一の基準に達しており、新たなローンを組めないということが往々にしてあります。消費者金融などでは、これらの理由によって審査に落とされることも多いのです。

これが銀行なら可能になるわけです。銀行なら総量規制の対象外ですから、現在の借入額に関わらずその他の部分で審査を通過することができれば、新たなローンを組める可能性があるのです。したがって、高額になる借り換えやおまとめローンについて、可能性があるのは銀行ということになります。

同じカードローンであっても、銀行が提供しているサービスにはこのような可能性があるわけです。年収の三分の一という額にとらわれたくない方は検討してみましょう。

学生の借入、利用にあたって注意したいことと審査通過のコツ!

カードローンというサービスは、一回利用を開始することができれば、簡単にお金を借り入れることができます。帳簿上はお金のつり合いが取れていても、今手元に現金がないとどうにもならないこともありますから、簡単に現金の調達ができるサービスは便利なものとなるでしょう。

お金に困っている方にとって魅力的なものに見えるであろうカードローンですが、お金に困っていることの多い方というと、学生なども当てはまりますよね。学費と生活費の両方を捻出しなくてはならず、かなり生活に困窮している学生も多いのではないでしょうか。

そういう学生にとって、カードローンは大変気になるサービスに見えることもあるでしょう。ローンの中では比較的融通の利くサービスであるカードローンは、果たして学生でも利用できるものなのでしょうか。

この点についてですが、誠に残念ながら、学生での利用は難しいと言わざるをえません。

ローンというのは、将来的に返ってくるお金があると思われる相手に対して貸付されるものです。したがって、無職の方や年収が低い方になるとローンを組めない方も多いのです。

未来ある学生という立場であれば、将来性を買ってくれるのでは?と感じられることもあるでしょうが、これはやはりお金に関する話であるだけに、将来入ってくるお金の見込みがかなり高いと思われる方でないと許可されない現実があります。出世払いといったような、曖昧な将来性でお金を借りることは難しいのです。

それは、カードローンにおいても同じです。カードローンはローンの中では融通の利く部類ではありますが、それでもローンである以上、最低限の信用が得られないことには利用できないのです。

では、学生でカードローンを利用できる可能性はまったくゼロなのかというと、そこまでではありません。可能性は限られますが、利用できる場合があります。

まず、利用できる可能性があるのは、20歳以上の学生に限られます。カードローンが行なうサービスの内容上、未成年は返済の責任を本人が負いきれない可能性が高いため、未成年ではほとんど可能性がありません。利用を考えているなら、20歳を過ぎてからの利用を検討してください。

そして、20歳を過ぎていれば他の社会人一般と肩を並べられるかというと、実はそうでもありません。学生という立場だと、カードローンの審査はかなり慎重にされる傾向があります。それはたとえアルバイトなどを行なっており、ある程度の定期収入がある場合でも同じなのです。

やはり学生の本分は学業です。たとえアルバイトをやっていたとしても、それらの収入は副業的な意味合いで理解されることが多く、それらの収入をアテにしてお金を貸し付けるというのは、業者側にとってもリスクがあると判断されやすいのです。

もし学生でカードローンを利用したいのであれば、一般的なカードローンではなく、学生専用のプランを用意しているカードローン会社を選ぶとよいでしょう。カードローンには特定の相手向けのプランが用意されていることも多く、中には学生専用のプランというものも存在します。それらのプランを用意してくれている会社であれば、学生の利用に対しても前向きに検討してもらえる可能性が高いでしょう。

ただし、この場合でもローンはローンですから、いくら学生の本分である学業に励んでいるといっても、まったくの無収入で審査を通過できる見込みはほとんどありません。アルバイトなどの定期収入があることが条件となるでしょう。

学生でもカードローンを利用したい方は、以上のようなことを参考に、利用会社を選びましょう。

似た物同士のカードローンとキャッシング、使い分け方のご提案!

お金が足りないときの切り札として、カードローンを活用されている方も多いことでしょう。コンビニのATMと提携しているカードローンであれば、コンビニに駆け込むことでいつでもお金を借りられます。急な出費にも対応できて、大変便利です。

ところで、カードローンのこのような特徴を聞いて、ある別のサービスのことが思い浮かんだ方もいらっしゃるのではないでしょうか。似たようなサービスとして「キャッシング」がありますね。これもまたカードを使って、ATMなどからお金を借りることのできるサービスです。カードローンと同じく、少額からでも利用できます。お金が足りないときの借入手段に、キャッシングのほうを活用されている方も多いでしょう。

さて、カードローンとキャッシング、並べて比べてみると、両者が大変よく似たサービスであることがわかります。実際にあまり違いがわからず、両者をほとんど同じものだと認識されている方も多いのではないでしょうか。

この点について、一応違いはあるものの、両者ともに追加のオプションなども整備されてきて、カードローンをキャッシングのように、またキャッシングをカードローンのように使うこともできるようになってきました。この点を加味すれば、両者が似たようなものであるというその意見も、あながち間違いとまでは言えません。

ですが、両者には一応違いがあります。そのことを理解すれば、カードローンとキャッシングで使い分けをしたほうがよい部分もあることがわかります。一見すると違いが分かりにくいですが、一応の違いを理解し、ときには使い分けることも考えましょう。

両者の違いというのは、金利です。カードローンとキャッシングでは、想定されているサービスが微妙に異なっているため、金利に差が見られることがあります。

カードローンというのは、「ローン」という言葉が示す通り、比較的長期に渡る金銭の借入を想定されているサービスです。それゆえに、カードローンが想定しているのは、一度お金を借りたら、ある程度の長期スパンに渡って、それを分割で返済していくというスタイルになります。

一方のキャッシングというのは、お金を借りるところまでは同じですが、それをすぐに返すスタイルが想定されています。基本的には、キャッシングは長期スパンでの貸付が想定されていないサービスになります。

金利というのは、貸付期間が長くなるほど金利が低く、短いほど高くなる傾向があります。したがって、金利を比べると、キャッシングのほうがカードローンよりも金利が高くなることが多いのです。

カードローンだけの特徴として、最初の審査に通ってしまえば、保証人も審査もなしでお金を借りることができるということがあります。それゆえに、カードローンの金利はローンの中では比較的高めに設定されていることもあるのですが、それでもキャッシングのほうが金利が高くなることが多いのです。

具体的に言うと、カードローンの金利は10%台であることが多いのに対し、キャッシングでは20%台の金利が設定されていることも珍しくありません。

ではカードローンとキャッシングのどちらをどう使うのがよいのかというと、キャッシングの金利で一括払いができるならキャッシングを、それが無理であるならカードローンを、という風に使い分けるのがオススメです。金利は高くても、一括で返済したほうが、総じて利子が小さくなるからです。

一見すると似たようなものに思える両者ですが、金利や返済方法などに注目し、より有利になるように使い分けてください。

カードローン審査落ちた!原因について知りたいときはこれをチェック

カードローンという便利なサービスをご存じでしょうか。お金を借りるたびに審査が必要という従来の常識に当てはまらない、柔軟な貸付を行ってくれるサービスです。手軽にサッとお金を借りられるため、周りにもほとんどわかりません。ほんの少しお金を借りたいだけである方にも適しています。

ローンの利用を考えている方にとって、この特徴はなかなか魅力的ですね。カードローンの利用を考えている方もいらっしゃるでしょう。

ところが、カードローンにも当然審査があります。お金を借りるときには審査が必要ない代わりに、サービスの利用を開始するときに審査があるのです。つまり、最初にローンの利用に適しているかどうかを確かめ、それをクリアした人にだけ、柔軟にお金を貸し付けるというサービスなのです。

サービス自体が融通の利きやすいものですから、人を選ばないとビジネスとして成り立ちません。これはやむを得ませんね(笑)。

実は、そうやって「人を選ぶ」ことによって、カードローンの利用を申し込んだが審査で落とされてしまったという方もたくさんいらっしゃいます。カードローンの利用によってできることを考えていた方にとっては、まさか審査そのものを通過できないとは……とガックリきているのではないでしょうか。

そして多くの方が「いったい自分の何が原因だったの?」と悩まれます。この点について、少し考えてみたいことがあります。

まず、「審査の結果をもっと詳しく知りたい」とお考えの方も多いでしょう。具体的に何がネックだったのか、それがわかれば今後に対応できますよね。もしかすると、すでにカードローン会社に問い合わせたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そのような方はもうご存じのことと思いますが、カードローンの審査結果について、詳しいことは教えてもらえません。申請者が分かるのは審査の「結果」だけであり、具体的に所得などの申告内容に対してどのような評価が下されたのかは教えてもらえないのです。

当然、審査に落ちた場合も同様です。「審査に落ちた原因を教えて欲しい」と連絡しても、会社側は原因を教えないのが一般的です。そのため、その審査で落ちた原因をはっきり知ることは不可能です。

ですが、原因を推測することならできます。審査に落ちた場合は、一般的な傾向を考え、何が原因だったのかを考えてみましょう。

真っ先に疑われるのは、カードローンの審査における核となる情報です。現在の年収や過去の滞納歴などが該当します。

これらの情報はローン関係の基本的なものであり、望ましい水準に達していない場合、審査を通過するのが格段に難しくなります。年収は当然多ければ多いほど信用を得られやすく、少ないほど得にくくなります。また、過去に借入を利用しており、そのときに滞納をしたことがあると、やはり信用を得るのが難しくなります。

これらの基本的な情報には特に問題がないと思えるのであれば、後は各会社によって違う考え方が影響している可能性が疑われます。

例えば、年収自体は多いものの、職業が不安定であることが不安材料とされたり、過去に利用していた借入の利用頻度が高いことが問題視されたりと、各カードローン会社によってそれぞれの基準があります。これらに引っかかって審査に落とされるということもあり得ます。

審査に落ちた原因として、基本的な部分で審査に落とされている場合はどこを受けても審査に落とされる可能性がありますが、会社によって変わる基準によって落とされた場合、申請する会社によっては審査に通る可能性があります。後者の場合、適当に期間を空けてから、別の会社に申請するとよいでしょう。

急ぎの方は要チェック!カードローン審査時間の注意点!

借入にかかる手間の少なさで言えば、ダントツで手軽であるのがカードローンと言えます。借入にかかる手続きは、ATMでお金をおろすときの手間とほとんど変わりません。必要なとき、必要な額を速やかに借り入れたいと考えている方にとって、カードローンが最適なサービスとなるでしょう。何かと効率の良さを求められることの多い社会ですから、カードローンのような手軽な借入サービスが登場したのも必然的と言えます。

さて、カードローンの利用をこれから考えている方の中には、もうすでに手続きを急いでいる方もいらっしゃるでしょう。とにかく速やかにカードローンの利用を開始したいと考えている場合、利用の開始にかかる手続きは死活問題です。なぜなら、さすがのカードローンであっても、ローンである以上は信用度の審査があります。それにはそれなりの時間がかかるのです。

では、カードローン審査に必要な時間はどれくらいかかるものなのでしょうか。

審査に必要とする時間はすべての会社で同じではありません。短い会社もあれば長くかかる会社もあります。急いで利用したいという方は、できれば審査時間が短い会社を選びたいですよね?

この審査時間について、会社によっては一度の審査にかかる時間を明記している場合もあります。スピード審査に自信のある会社であれば、一度の審査にかかる時間が数十分から一時間程度としている会社もあります。これらの情報を参考にして、自分が望む時間内で審査を終わらせてくれる会社を選ぶとよいでしょう。

もしこれらの情報がなかったらどうしたらよいでしょうか。その場合は、会社側に直接問い合わせるしかありません。会社側もこれを専門のビジネスとしている以上、だいたいどれくらいの時間が平均的に必要になるかはわかっているはずですので、直接問い合わせれば目安となる時間を教えてもらえます。

審査に必要になる時間は、会社側が何らかの事情で対応が遅れがちになったりしても変わってきます。直接問い合わせることによって、これらのイレギュラー要素も加味した審査時間を教えてもらえますので確実です。万が一、カードローンの利用を開始するまでに時間制限があり、絶対にその制限内でカードローンを使える状態にしなくてはならない場合、たとえ平均的審査時間が明記されていても、審査を受ける前に問い合わせておくのがオススメです。

ただし、事前に平均的にかかる審査時間を確認しておいても、その通りにいくとは限りません。審査を申し込んだ後で会社側にトラブルが発生したり、事情が急遽変わったりしたときなどは、やはり多少の時間のズレは出てきてしまいます。

特に理解しておきたいことは、自分の信用情報によっても審査時間が変わってくるという点です。

自分の年収や勤務歴など、ローンを利用するに値するかどうかを確かめられるのが審査です。このとき、提出した信用情報によって、審査に通過できる・できないがハッキリしている場合、どちらの結果にしても審査はすんなり終わります。この場合は時間通りに終わるでしょう。

これが、文句なしで審査を通過できるほどのものではないが、間違いなくアウトだとも言えない微妙な水準にあった場合、貸付を行うか否かの判断も微妙なものとなり、審査にかかる時間が長くなる傾向があります。

自分の信用度がローンに値するかどうか、あまり明確ではないと思える方で、なおかつ審査を急いでいる方は、なるべく早めに審査を申し込むのがよいでしょう。

カードローン審査口コミを確認!借入先を上手に選ぶ裏技のご紹介!

借入は便利ですが、いちいち審査を受けなくてはならないのが面倒ですよね。そういう方にとってはカードローンというものがオススメです。審査はやはりあるのですが、利用を開始するときの最初の一回だけであり、それを通過できれば後は審査なしで借入を利用することができます。審査を受けるのが面倒だという方、審査に自信を持って望めない方などは審査の回数を抑えることができてお得です。

ですが、カードローンであっても最初に審査はありますから、それを何とか通過したいところですよね。いくらカードローンであっても、最初の審査で落とされてしまっては意味がありません。

多くの方が気になる審査、なんとか少しでも通過できる可能性の高い場所が知りたいですよね。審査の厳しさには会社によって違いがあり、厳しいところもあれば、比較的緩やかな会社もあります。信用情報にあまり自信がない方にとって、この「審査が比較的緩やか」という点が重要であり、是非そのような会社を知りたいという方が多いのではないでしょうか。

しかし、どうやって知ればよいのかわかりませんね。「ウチは審査が緩いです!」と看板に書いておいてくれれば楽ですが、そのようなことはありません。一体どこの審査がよいのか、うまく掘り当てる方法はあるのでしょうか。

その方法として、「口コミ」を参考にする方法をご紹介しましょう!

口コミというのは、実際にその会社を利用した方の生の感想が聞けるのですから、大変参考になりますよね。会社のHPなどからでは絶対に知ることのできない、生々しい情報が得られることでしょう。

審査の緩さというのは、公にはあまり語られることのない情報です。そのような情報をこそ求めているのであれば、まさに口コミの出番です。公式のHPやパンフレットには載っていない、生の情報の中から審査の厳しさについて情報を集めてみましょう。正攻法では絶対に見つけられなかったであろう意外な選択肢を見つけられる可能性があります。

また、口コミは利用者の飾らない生の体験談が聞けるため、最新の口コミを参考にしていれば、まだ市場に本格的に広まっていない情報をキャッチできる可能性があります。市場に出回り、多くの人が殺到する前にいち早く掘り出し物の選択肢を知ることもできるのが口コミの魅力です。

カードローンにおいて重要な審査について、利用者が少しでも有利になる会社の選択肢は口コミで探してみるというのもよいでしょう。

ただし、口コミを見るときの注意点として、かなり主観に偏った情報であることは差し引いて見るようにしておきましょう。これは口コミの利点とは表裏一体の注意点です。

「良かった・悪かった」という評価からカードローン審査における出来事まで、その人が主観的に見、解釈し、記憶した内容が書かれているのが口コミでもあります。ときには、都合の良いことだけを覚えていて都合の悪いことは忘れていたというケースや、偶然その人にとっては都合の良い条件ばかりが重なったから「良かった」と言っているだけであるケースなどもあります。

口コミ体験談を語っているその方の評価だけではなく、社会常識やその方の語っている体験談に登場するキーワードなどを参考にして、少しでも客観的に判断してください。

カードローン審査結果は変わるのか?仮審査と本審査の違い!

カードローンをこれから利用しようという方にとって、大きな懸案事項となっているのが「審査」ですよね。カードローンは審査に通ればずいぶん使い勝手がよいものの、審査に通過できないケースも少なくありません。実際に利用されている方を見ていると気軽に利用されているように見えますが、あれも「信用」があって初めて可能となる行為です。収入を始めとする基本的な信用が足りない方は、比較的幅広い方が利用できるとされているカードローンですらも利用できないのです。

そのため、基本的な信用にあまり自信のない方は、審査を申し込んだ後、結果が大変気になる方もいらっしゃるでしょう。

ところで、一口に審査と言っても、仮審査と本審査の二種類がある会社があります。どちらにも審査と名がついているように、どちらもカードローン利用にあたっての審査になり、両方の審査を受け、通過しなくてはならないのです。

審査に通るように、祈るような気持ちで待っている方にとって、一つでも気が重い審査が二つもあるなんて気が遠くなるような気持ちではないでしょうか(笑)。二つの審査を無事通過できるように、なにかコツがあるなら知りたいと思うところですよね。

この点について、きちんと理解しておきたいことがあります。仮審査と本審査で何が違うのかという点です。

実は、この両者には大きな違いがないのです。審査が二段階に分かれていても、審査している内容は似通っています。したがって「二つの審査を両方通過できるようにがんばろう!」などと無理に意気込む必要はないので安心してください。

しかしそうなると、一体なぜ審査が二段階に分かれているのかが気になりますよね。この点について簡単にご説明しましょう。

審査が二つに分かれている理由ですが、一つは業務の効率化にあります。

まず二つの審査がどのようなことをしているのかというと、仮審査では収入額などの情報によって、カードローンを利用できるかどうかを機械的に審査し、本審査では自己申告された内容に虚偽のものがないかを審査しているのです。

つまり、仮審査では収入額などの情報から、明らかにカードローンの利用が適切とは言えない申請者を機械的にふるいにかけ、そこを通過した相手を対象に情報の真偽を確かめるという方法をとっているわけです。

このような方法を取れば、明らかに利用に適さない相手に時間を取られることがありませんから、審査を効率化でき、必要になる時間の短縮につながるわけです。ときには、仮審査は人間ではなく本当に機械で判別し、本審査になって人間が審査している例もあります。

以上のことから、仮審査と本審査の違いとは、審査をする側の都合も大きく関係していることがわかりますね。審査を受ける人間にとってみると、あまり難しく考える必要のないものです。

ちなみに、仮審査と本審査で結果が異なるということが考えられるのかというと、基本的にはありません。カードローンの利用に必要となる大まかな信用基準は仮審査のフィルターとして設置されていますから、仮審査を通過できた場合、申告内容に虚偽の内容が含まれていない限りは本審査も通過できる可能性が高いと言えます。審査が二つあるからといって身構えることなく、気軽に審査を受けてみてください。

審査結果が気になる人は要確認!カードローン審査基準における三か条

社会の中で生活する上で、お金を調達する手段の中には借入というものもあります。もちろん返すアテのない借金は論外ですが、定期的に収入があるのであれば、一時的な現金の必要を借入で間に合わせるのも一つの知恵です。

そのような借入のサービスの中で、比較的私達の生活に密着して利用しやすいのはカードローンと言えるでしょう。コンビニなどでも利用できることもある、とても手軽な借入サービスです。

カード一枚で借入ができるという手軽さから、これから新たに利用の申請をする方、また今現在審査の結果待ちでドキドキしている方もいらっしゃるでしょう。審査さえ通過すれば、日常生活の多くのシーンで利用ができるのですが、これもローンですから、審査に落ちればまったく利用することができません。審査に落ちて涙を飲んだ方も多くいらっしゃいます。

では、カードローンの審査に必要となる条件とはなんでしょうか。「これらをクリアしていれば概ね問題はない」と言える3つの条件をご紹介しましょう。

1収入

やはりローンを利用する上では重要になる条件です。そもそもローンというのは、自分が将来的に手にするお金を先に手に入れていると考えることもできます。多少順番は前後しますが、あくまで自分が得ている収入の延長線上にあるお金を手にしているわけです。自分の収入が多いのであれば、当然将来的に手に入るであろうお金も多く、「先取り」できるお金の量も多くなります。

しかし収入が乏しく、そもそも将来的にお金を手にできる見込みも薄いとなると、先取りのしようもありません。このようなケースですと、ローンを組むこと自体が不適切と判断され、審査に落とされる可能性があります。

2現在の借入額

たとえ収入が多く、将来的に手に入るであろうお金も多いと見込まれる方であっても、現在すでに多額の借入がある場合、将来手に入る見込みのお金はすでに使い道が決まっているのと同じです。そのため、現在既に借入がある場合、借り入れている額や発生する見込みの利子を差し引いた収入額が想定されます。

どれだけ多額の収入があっても、それらのほとんどが現在利用している借入への返済で消えることが予想される場合、収入が低いのとあまり変わりません。この場合も、貸し付けたお金が返ってこない可能性が高いと判断され、審査に落とされる可能性があります。

3過去の借入利用状況

過去にも借入を利用していた場合、そのときに利用した借入の利用状況はシビアに問われます。

貸付会社がもっとも危惧しているのは、貸したお金が返ってこないことです。理由を問わず、とにかく貸したお金を返してくれない相手には貸し付けたくないというのが会社側の判断です。ローンを組むにあたって審査があるのも、すべてはこの点を調べるためなのです。

過去に借入を利用したことがあり、その際にたった一回でも滞納が確認される場合、審査を通過するのが途端に難しくなります。一度でも滞納の履歴がある場合、きちんと返済をしてくれない相手であると判断され、信用を得られなくなることが非常に多いのです。したがって、過去に滞納歴がある場合は審査に落とされる可能性がかなり高くなります。

審査で問われる主な条件は、以上の3つです。これらの条件をクリアしていれば、審査に通過できる可能性が高くなります。これから審査を受ける方、審査の結果が気になって仕方がない方は確認してみてください。

スムーズな審査のために揃えたい、カードローン審査のための必要書類

カードローンを新たに作ろうと考えている場合、申込み先には困りませんよね。大小さまざまな貸付先からカードローンが提供されています。貸付会社側も新たな顧客獲得には貪欲ですから、自分が申請さえすればすぐに利用を開始できるように感じている方もいらっしゃるでしょう。

ですが、カードローンも一応ローンになります。ローンの中では比較的敷居が低い部類とはいえ、お金を借りるサービスには違いありません。利用を開始する上では、それなりの手順を踏む必要があります。

カードローンの場合、肝心なのは開始手続きにある審査です。これを通過した場合、あとは特別な申請をしたりしない限りは、以後の審査はありません。この審査が利用にあたっての唯一の難関になりますから、早くカードローンを利用したい方は、準備を整えて素早く審査に入りましょう。

審査にあたっては書類が必要になります。これらの書類を事前に揃えておけばスムーズに審査を申請することができます。急いでいる方は確認してみてください。

必要になる書類は主に二種類です。身分証明書、そして所得証明書となります。

身分証明書については基本ですね。どこの誰で、今どこに住んでいるのかがハッキリしないことには、サービスを提供しにくいところがあります。カードローンの場合、お金を貸し付けることになるのですから、身分がはっきりしない人間であると、回収が難しくなるという事情もあります。サービスを利用する上で基本的な書類ですが、カードローンにおいては一層重要になる書類です。

具体的に身分証明書として提出を求められるのは、運転免許所、健康保険証、パスポート、住民票の写しなどです。これらの証明書をコピーして出すのが、原本を持参するのか、提出方法には違いがありますので、自分が申請した会社の指示に従いましょう。

次に所得の証明書です。こちらは普段はあまり提出することのない書類ですね。これはまさにローンを組む手続き独特の書類と言えます。

お金を貸し付けること自体をビジネスとして行なっている以上、多くの方にお金を借りて欲しいと会社側は考えているものですが、利子をつけてきちんと返ってこなくてはビジネスとして成り立ちません。

ですから、「どれくらいの収入を得ているのか?」という事実は会社側にとって大変重要な情報です。それによっていくらくらいまでなら貸し付けたお金が返ってきそうか判断がつけられます。もちろん利用者からの申告もありますが、少しでもたくさんのお金を借りたい利用者が年収を水増ししないとも限りません。客観的に年収を証明する書類を提出してもらうことで、そのようなリスクを排し、正しい判断をすることができます。

具体的に所得の証明書として提出を求められるのは、所得証明書、源泉徴収票、確定申告書、住民税決定通知書、納税証明書などです。こちらも身分証明書と同じく、どのような形で提出を求められるかは違いますから、よく確認してください。

一般的に必要となる書類は以上のようなものですが、会社によってはまだ他にも審査にあたって提出を義務付けている書類があったり、身分や所得を証明する書類に指定がある場合もあります。注意深く確認してください。

書類を揃えるというのは単なる事務作業に過ぎません。そのような部分で何度もやり直しになったりしないよう、利用を急いでいる方は過不足や不備なく書類を揃えておくのがオススメです。

事前確認が吉!カードローン審査における必要日数の違いをご紹介!

カードローンというと、どのようなイメージがあるでしょうか。恐らく「簡単にお金を借りられる」というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

実際に利用を開始すればその通りです。融資を受けられるかどうかの審査はカードローン利用開始手続きのときにされていますので、実際にお金を借りる段階になるともう審査はされません。事前に契約した範囲内であれば、自己責任のもと、好きなとき、自由にお金を借りることが可能です。

このようなサービスですから、カードローンはすぐにお金を借りられるものというイメージがつくのも無理はありません。ですが、お金を借りる際に融通が利きやすくなるのはカードローンの利用が開始できた後の話です。

まだ利用できるかどうかはっきりしない審査の段階においては、ごく普通のローンを組むときと同じように、綿密な審査を受けることになります。したがって、審査にはそれなりの時間がかかることも珍しくありません。

では、カードローンの審査には、どれくらいの日数が必要となるのでしょうか。

これはカードローン会社によっても変わってきます。細心の注意を払って慎重に審査を行う場所もあれば、比較的スピーディに審査を行っていく会社もあります。自分が審査を申し込んだ会社の方針によって、審査にかかる日数には違いが出てくるでしょう。

具体的に、カードローンの審査で必要となる日数ですが、早い場所であれば即日で審査を終え、カードローンを発行する会社もあります。お急ぎの方は、このような会社を選んで審査を申し込むとよいでしょう。

即日発行はさすがに早い部類ですが、後は大体2~3日程度を要する場所から、1か月程度を要する場所まで、さまざまな審査が存在します。

その会社において審査に必要とするだいたいの日数はわかっているはずですから、急いでいる方は事前に会社側に問い合わせておくのがよいでしょう。利用を急いでいる方は、なるべく早めに審査を終えてくれる会社を選べば、スピーディにカードローンの利用を始められる可能性があります。

また、必要になる日数はそのときの会社の状況によっても変わってきます。偶然カードローンの利用申請が立て続き、会社側が立て込んでいるときは普段以上に日数がかかる場合もあります。

さらに言うと、審査にかかる日数にあまり時間をかけられない場合、その会社の営業日にも注目しておきましょう。だいたい世間一般的なカレンダーで動いている会社が多いですが、一年の節目にあたる連休などでは対応が分かれます。カレンダー通りに休む会社もあれば、連休も営業している会社もあります。申請したカードローン会社が連休となる会社だった場合、その期間前に申請すると、審査が終わるまでには日数を要するようになってしまうでしょう。

以上のように、審査に必要になる日数は、各カードローン会社の方針とともに、そのときの会社の状況にも影響されます。HP上などで審査にかかる日数を公開している会社もありますが、正確に日数を把握したい場合は、申請前に会社側に問い合わせるのが確実です。